体のダルさと肌荒れの原因は冷房にあり!その対策についての解説

体のダルさと肌荒れの原因は冷房にあり!その対策について知りたくありませんか?

この記事では、体のダルさと肌荒れの原因は冷房にあり!その対策についての解説をします。

この記事の内容は次の通りです。

  • 毎日冷房をガンガンにつけていませんか?
  • 冷え性はなぜ起こる?
  • 屋内外の気温差も体調不良の原因に
  • 冷え性が引き起こす肌荒れトラブル
  • 冷房との上手な付き合い方 ~体編~
  • 冷房との上手な付き合い方 ~肌荒れ編~
  • 肌荒れ対策は1日1回は外に出よう!
  • まとめ

毎日冷房をガンガンにつけていませんか?

猛暑続きで体はバテ気味。汗をよくかいているせいか、肌の調子もイマイチ。そんな風に感じていたら、もしかするとそれは冷房が原因かもしれません。

冷房がもたらす症状の1つに「冷え性」があります。厄介なことに冷え症は、手足が冷えるというだけでなく、鼻水や喉の痛み、頭痛といった風邪に似た症状から、全身のだるさや疲れ、食欲不振や下痢。はたまた、イライラや肩こり、腰痛、肌荒れ、生理不順など、様々な症状を引き起こします。

冷え性はなぜ起こる?

冷房の効いた部屋にいる時に、「ちょっと寒い」と感じた事はありませんか?この状態を長時間、あるいは毎日感じ続けていると体は大きなストレスとなります。やがて、自律神経(交感神経と副交感神経)がダメージを受け、体温調節がうまくできなくなってしまうのです。そのため、冷えという症状が現れてしまいます。

ガンガンに冷やしていませんか?

また、冷え症になると体がなかなか温まらず、汗もかきにくくなってしまうことも。汗をかかないと乳酸などの疲労物質が体内に溜まってしまい、全身のだるさや疲れという症状が現れてしまうのです。

さらに、症状が悪化すると、夏だけでなく1年中冷えに悩まされる事に。

屋内外の気温差も体調不良の原因に

室内は冷房でガンガンに冷えているのに、屋外は連日35℃を超える猛暑。自律神経は、5℃以上の急激な気温の変化にうまく対応できません。この5℃以上の温度差を毎日繰り返していると、交感神経と副交感神経のバランスに異常をきたします。

しかも、水分の排出もうまくできず、老廃物も下半身に溜まってしまうため、足はむくんで太くなりがち。肌も自ずとくすんでしまいます。

冷え性が引き起こす肌荒れトラブル

大量の汗も肌トラブルに

さらに、冷房は空気が乾燥するため長時間冷房が効いた部屋にいると、肌も乾燥してしまい、乾燥による吹き出物を引き起こしてしまうことも。吹き出物というと、肌がべたついている、油っぽい状態をイメージしますが、実は乾燥も吹き出物の原因になります。

また、冷房などによって体が冷えすぎるために血行が悪くなり、新陳代謝が滞り、肌に新鮮な血液や栄養が届かなくなることも吹き出物の一因に。

夏場は乾燥とは無縁と、思っている人もいるかもしれませんが、実は冬場以上に乾燥しやすい環境だということを覚えておきましょう。

表面はべたついているのに、内側が乾燥しているインナードライがおきやすいもの夏ならではの特徴です。

冷房との上手な付き合い方 ~体編~


オフィスではひざ掛けなどで冷え症対策

冷房の標準的な設定温度は26~28度が良いとされています。ただ、体感温度は人によって違うので、寒いと感じない温度が基本。また、外気との差が大きいと、外出時のストレスが強くなるので外気との調整も忘れずに。

時には、窓をあけて外気を取り入れたり、風向きをコントロールして直接当たらないように心がけましょう。お風呂上がりに、冷房で急激に体を冷やすと体調を崩しやすくなるので、こちらも要注意。

オフィスなどで細かい温度調整ができない場合は、腹巻やカーディガン、ひざ掛け、靴下、レッグウォーマーで自衛することも大切です。特に腹巻は効果的。冷えから胃腸障害を起こすことも多く、何より腹部を温めると全身の温度も上昇しやすいので、密かに愛用している女子も多いと聞きます。加えて、首と名のつくところを温めるというのも重要です。

そのほか、シャワーではなく湯船に浸かる、階段を使う、帰りはひと駅手前から歩くなど、簡単な運動もオススメ。リフレッシュ効果やストレス解消にもなります。


冷房との上手な付き合い方 ~肌荒れ編~


ミストによる保湿も大切

冷房の風で失われた水分は、まずは体の中からの水分補給が重要です。水をこまめに飲んで、水分補給をしたり、べたつくからといって、脂取り紙などでの皮脂の取りすぎにも注意しましょう。

また、ミストによる保湿や、オイルで皮脂を整えてあげたりするのも良いでしょう。ただし、ミストをした時は必ずハンドプレスを忘れずに。自然に蒸発させるとかえって乾燥を招いてしまうので要注意です。

さらに、帰宅後はなるべく早くクレンジング&洗顔を行い、汗を洗い流すようにしましょう。クレンジング&洗顔から、化粧水や美容液、乳液などでの保湿ケアまでを、一連の動作だと思って習慣づけてしまうことも美肌を保つ秘訣。


肌荒れ対策は1日1回は外に出よう!

まだまだ暑い日が続いていますが、冷房をガンガンかけた部屋ばかりにいるのではなく、1日1回は外に出て軽く汗をかいたりすることも冷え症改善には効果的。面倒くさがらず是非、試してみて下さいね。

まとめ

最近の体調不良の原因は、暑さだけだと思っていませんか?

実は、毎日当たり前のように使っている冷房も、体のダルさ・肌荒れトラブルの原因になっているのです。