絶対焼かない!CA流美白肌を守る紫外線対策


絶対焼かない!CA流美白肌を守る紫外線対策について知りたくありませんか?

この記事では、絶対焼かない!CA流美白肌を守る紫外線対策について解説しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • 梅雨でも気が抜けない!キャビンアテンダントのUVケア
  • 日焼け止めを塗っているのに、シミができてしまう方は
  • 夏の必携品!スプレータイプの日焼け止め
  • 意外な盲点!紫外線ダメージで髪もパサパサに
  • 帽子や日傘など物理的なガードが有効
  • まとめ

梅雨でも気が抜けない!キャビンアテンダントのUVケア

CAの清潔感は美白肌がポイント

紫外線が気になる季節になってきました。本格的な紫外線対策は7、8月に入ってからと思われている方も多いかもしれませんが、それは大間違い!
実はシミやシワの原因となる肌の奥深くまでダメージを与えるUV-A派は4月から8月がピークと言われています。さらに雲や窓ガラスも通り抜けやすい性質のため、曇りの日や室内にいるときも要注意なのです。梅雨の時期でも気が抜けません。

そんな紫外線対策に人一倍気を遣わなくてはいけないのがCA(キャビンアテンダント)という職業。清潔感が重要なCAは美白肌が基本。リゾート地に遊びにいってついうっかり日焼けしてしまうと「あら、ずいぶん焼けたわね」と上司からの視線が怖いという話も。

ここではそんなCA達が日頃から心がけるUVケア対策のポイントをご紹介します。今年の夏は色白肌をキープできるはず!

日焼け止めを塗っているのに、シミができてしまう方は


日焼け止めはのばしすぎない!

顔には毎日UV効果のある下地や日焼け止めを使っているのに、なぜかシミができていしまう。そんな声をよく耳にします。シミは様々な原因がありますが、もしかしたら日焼け止めの塗り方が間違っているのかも。

まずは使用する量。日本人女性のほとんどが使用する量が足りていないという話もあります。表記されているUVカット効果は適正量使った場合のもの。足りていない場合はもちろん効果は薄れてしまいます。今一度説明書に書いてある使用量を見直してみましょう。

次に塗り方。最近ではノビの良い日焼け止めがたくさん出ているので、どこまでも薄くのばせてしまいます。しかし、のばしすぎるとかすれてしまったり、ムラになってしまうことも。ある程度の厚みがあった方がUVカット効果が期待できると言われていますので、薄くのばすよりもしっかりムラなくつけるという意識で塗るようにすると良いでしょう。

次ページでは「具体的な毎日のUVケア方法」を紹介します。

夏の必携品!スプレータイプの日焼け止め


ボディもしっかり日焼け止めを塗って!

朝しっかり日焼け止めを塗ったからこれで一日安心!いえ、実はそんなことはないのです。日焼け止めはSPFに関係なく2~3時間おきに塗り直すのが効果的と言われています。
夏は特に汗で崩れやすいので要注意。夏が終わってから公開しないためにも、日中を屋外で過ごすときにはこまめに塗り直すことをおすすめします。

でも出先で塗り直すのは手もべたべたするし面倒ですよね。そんな時はスプレータイプの日焼け止めが便利です。手を汚さず手軽に塗り直すことができます。朝はしっかりと手で丁寧に塗ってあげた方が安心ですが、出先では面倒にならないことが最優先!スプレータイプのものは顔や髪にも使えるものが多いので、一本持ち歩いておくとかなり重宝するはずです。

意外な盲点!紫外線ダメージで髪もパサパサに

肌と違って赤くなったりシミができたりしないので気を抜きがちな髪の毛ですが、身体の中で一番太陽に近い部分なので実は紫外線ダメージを受けやすい場所でもあります。夏の炎天下で長時間過ごすと頭皮が赤く日焼けしてしまったり、ひどいときは皮がむけてしまうことも。

また、肌と同じように髪も紫外線ダメージにより乾燥してしまいます。髪の内部が乾燥することによりパサパサでツヤのない髪になってしまい、さらにキューティクルがはがれ枝毛や切れ毛の原因になってしまうこともあります。

そんな髪の毛の紫外線対策は、日常的にはUVカット効果のあるトリートメントやオイルでもOKですが、夏の屋外に長時間いるときはスプレータイプの日焼け止めでしっかり守ってあげることがおすすめです。

帽子や日傘など物理的なガードが有効


日傘は夏の必需品

日焼け止めについて話してきましたが、帽子や日傘など物理的なガードで日差しから守ってあげるのもとても有効です。

帽子は髪の毛がペタンとなってしまうのでお仕事の日には難しいかもしれませんが、日傘は必ず持ち歩くようにしましょう。晴雨兼用のものならば、夏場に多い急な雨にも対応できます。夏場にCA仲間と出かけるときは、みんな似たような日傘を持っているので間違えそうになるほどです。


また、薄手のカーディガンは日焼け対策にも冷房の効いた室内での防寒対策にも便利。夏の必須アイテムです。

日焼けしていまってから、シミができてしまってから美白肌を取り返すには多くの時間とお金が必要になります。少し面倒に感じるかもしれませんが、予防をした方がはるかに楽で賢いもの。

この夏は万全な紫外線対策で美白肌を守り切りましょう!

まとめ

今年の夏は絶対焼かない!美白肌を死守するキャビンアテンダントが心がける、夏の万全な紫外線対策のポイントをご紹介しました。