朝、洗顔料を使用する人は減少傾向に?注目すべきは皮脂にあり!


朝、洗顔料を使用する人は減少傾向に?注目すべきは皮脂にありって知りたくありませんか?

この記事では、朝、洗顔料を使用する人は減少傾向に?注目すべきは皮脂について解説しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • 朝、洗顔料を使用する人は減少傾向に
  • 洗顔料を使用すべきか否か、注目すべきは皮脂にあり
  • 夜間も変性皮脂はつくられている
  • 水、お湯だけでは落とし切れない変性皮脂
  • まとめ

朝、洗顔料を使用する人は減少傾向に

多くの成人女性は洗顔の際に洗顔料を使用します。
洗顔料には、「皮脂や汗、お化粧品など不要な汚れを落として、肌を清潔に保つ」という目的があります。
しかし近年、「朝は汚れていないから」という理由により、「洗顔料を使用せず、水やお湯のみで洗顔する」という人が増えているようです。
右のグラフは、10代から60代を調べた結果ですが、一方、「洗顔料を使用する」人は減少傾向にあるという統計結果が出ました。


朝、洗顔料で洗顔をする人は減少傾向に。
(花王調べ)※全ての画像、クリックで拡大します。


グラフを見れば一目瞭然ですが、「水やお湯のみで洗顔する」という、いわゆる「使用しない派」は、ここ5、6年で顕著な増加傾向を示しています。

10~60代の年齢別統計を見ると、「使用しない派」では、10代が60%と最も多く半数以上。
20代は48%と、「使用する派」を上回らないものの、ほぼ過半数が「使用しない派」。
このまま推移すると、あと数年で逆転する勢いです。

洗顔料を使用すべきか否か、注目すべきは皮脂にあり

では、洗顔料が必要かどうか、皮脂の観点から見てみましょう。


皮脂は時間とともに変性する。
(花王調べ)

右の円グラフは、皮脂の組成の時間経過による変化です。
10時間後の変化を表しています。
注目していただきたいのは上の円グラフの赤い部分です。
皮脂の主成分であるトリグリセライド(トリグリセリド)、ワックスエステルの一部が、変性皮脂に変化していることが分かります。
皮膚表面に存在する常在菌により、トリグリセライドは分解され、変性皮脂(不飽和遊離脂肪酸を含む遊離脂肪酸)になるのです。
これは、皮膚に対して様々なダメージを及ぼします。

《変性皮脂(※)の肌に対する悪影響》
・肌のバリア機能の低下
・水分保持能力の低下
・ターンオーバーの亢進
・毛穴の開き
・キメの乱れ
・炎症を起こす

※特に、変性皮脂中の成分である不飽和脂肪酸を指しています。

夜間も変性皮脂はつくられている


変性皮脂は就寝中も生成される。
(花王調べ)

ここまでの情報があれば、変性皮脂をそのままにしておくことによるデメリットがお分かりいただけたと思います。
次は、特に夜間の変性皮脂量を確認してみましょう。

右のデータは、夜の洗顔から10時間経過後の肌表面の変性皮脂量のグラフです。
変性皮脂中の不飽和脂肪酸量を測定しています。
この結果からも、確実に皮脂は分泌され、それの一部は変性皮脂に変わっていることが分かります。


水、お湯だけでは落とし切れない変性皮脂


変性皮脂の洗浄方法による比較。
(花王調べ)

右のグラフは、洗顔前の変性皮脂を100%として、洗顔後の変化をみているグラフです。
洗顔料の有無に関わらず、擦らないようにやさしく洗った結果です。
こめかみ、頬のいずれでも、水、お湯だけでの洗顔では変性皮脂が残留していることが分かります。
油性のお化粧が水やお湯だけでは落ちにくいことからも分かるように、皮脂も落ちにくいのです。

特に20代~40代の女性が気になる鼻と頬の毛穴には、この変性皮脂が関与していることが分かります。
朝夜の洗顔で、洗顔料を用いて適切に落とす必要があると言えます。

今回は、花王から提供していただいた研究結果を元に、洗顔の際に洗顔料を使うべきか使わないべきかを考えてみました。
最後のデータは、顔の2ヶ所の部位に関して調べた結果ですが、もしまぶたも調べたとしたら、皮脂は計測されなかったはずです。
それはまぶたには皮脂腺がないからです。
その点から考えても、過剰な洗浄は肌のバリア機能を低下させ、様々な肌トラブルを引き起こす可能性があります。
よって朝の洗顔の際には、Tゾーンを中心とした日中に皮脂分泌が気になる部分、ニキビができやすい部分を中心に、洗顔料を使用することをおすすめします。

まとめ

私達は通常、朝と夜の2回洗顔をします。

人によっては、朝と夜で洗顔方法を変えている場合も多いようです。

今回は、特に「朝の洗顔」に焦点を当てて、美肌へ導く洗顔をご紹介しました。

「洗顔料を使用するべきか、使用しないべきか」、実際のデータを元に解説しました。